Now Loading...

Loading...

住宅ビジネスに新しい価値をする

Sketch Sales 〜次世代住宅セールス〜

石川県 Wホーム様


N-Sketch

【導入理由】社長:N 様

住宅営業マンを育てるのは難しい。それが、私の悩みの種でした。資金計画などは、ITのシステムを利用すれば、ある程度、誰にでも提案ができるけれど、弊社で決めてもらう、決め手は?となると、以前は資金計画でしたが、最近では、そうではないと気づき、どうしても欲しかったのは、資金計画以外のもう一つの武器でした。多くの工務店経営者は、わかっていると思うけれど、家づくりは、手間ひまがかかります。しかし、お施主様は、それを知らないし、わかろうともしないのが現状です。建って、はじめてわかる、職人の苦労、そして感謝。でも、それを建てる前にわかってもらうためには、住宅営業の段階で、手間ひまをかける必要があります。いい家を建てている一番の証拠は、営業から、手間を惜しまないこと。そして、それを社員にも教えることで、いい家を造る本当の意味を住宅営業マンは、知ることができるし、お客様の本当の想いを聴くことができるのだと思います。スケッチセールスは、そういった、工務店経営者の想いとお施主様の想いをつなぐ架け橋になると想い、私は、導入しました。

 

【活用事例】担当:D 様

営業コーディネーターをしている D(主婦もしているので匿名で)です。以前は、コーディネーター だけだったのですが、ある日突然、『住宅営業もやってください』と、上司から言われ、正直、自信がありませんでした。自信がありませんと答えると、会社は、私に、スケッチセールスという研修を受講させてくれました。
初めは、スケッチをするだけで、住宅営業ができるのか?という想いもありましたが、戸谷先生を信じて、お客様の前で、スケッチヒアリングをしてみました。すると、奥様や、ご主人の目の輝きが、これまでと違うことに、ビックリ♪
また、最初の段階で、お施主様の一番の想いを聴けるようになったことで、コーディネートの打合せも、以前より、スムーズになりました。良いことばっかりですが、悪い点をあげるなら、スケッチを描く分だけ、以前よりちょっと、仕事量が増えた気もします。ただ、失注するムダが少ないので、モチベーション的には、仕事量が増えても、こっちの方が良いかな〜と思っています。

  • N+メルマガ会員登録募集中!